高額に設定されているシロアリ駆除費用相場~安い駆除方法とは~

自分で行なうときのシロアリ駆除費用相場~業者依頼より安いのか~

一般的にシロアリ駆除費用相場は高額だといわれています。なるべく安い費用で駆除を行なうにはどうするべきでしょうか。

自分でシロアリ駆除を行なうために必要なもの

道具を揃える
自力で駆除を試みる場合、必要となるのがシロアリ用の駆除薬とスプレー容器です。また、シロアリ駆除用のマニュアルを用意しておけば、シロアリが潜んでいる場所の特定や、駆除剤を散布する方法などを詳しく学ぶことができます。さらに、手袋と防毒マスク、さらに防護メガネも用意しておく必要があります。シロアリは木材内部に潜んでいるため、駆除作業中は食害された木材を剥がすなどの作業が必要です。手袋を着用することで、作業中に怪我をすることを避けられます。防毒マスクは駆除剤噴霧による体への害を防ぐことができます。防護メガネは駆除剤のスプレーが目に入ることを防ぎ、さらに床下作業でのホコリやゴミが目に入ることを防げるのです。作業を行なう場合は、動きやすく汚れても構わない服装にしましょう。作業着やツナギを着用して頭巾代わりにタオルを頭部に巻き、運動靴を着用することで、駆除に適した本格的な服装を行なえます。
薬剤も必要
シロアリに使用する駆除用薬剤は、非常に安い値段で購入することができます。市販されている薬剤ですと、一つ1,000から2,000円程度で購入することができます。他の道具を用意する場合の費用を合算しても、およそ1万円以内には収まるため、一般的な業者のシロアリ駆除費用相場と比べても非常に安価といえます。

まとめ

シロアリ駆除の平均価格は、1平方メートルあたり数千円、1坪につき5千円近い費用が必要となるため、自力で駆除をしたほうが安く済みます。しかし、一般の人にはシロアリ駆除業者のような知識や技術がないので、きちんと駆除しきれない場合もあるということも念頭に入れておきましょう。

被害が広がるとシロアリ駆除費用相場も高くなる

自力で駆除作業を行ない、駆除が完璧でなかった場合、最悪の事態に陥ってしまう可能性があります。

被害が拡大した場合について


もしも駆除に失敗するとどうなりますか?
シロアリは女王アリが巣にいる限り、すぐに数を増やすことができます。例えたくさんの成虫を駆除できたとしても、女王アリを駆除しきれなかった場合、また元の状態に戻ってしまうでしょう。シロアリの数が戻ることはあっても、建物への被害は戻ることはありません。駆除できたと考えて放置し続けると、建物を支える柱や基礎を全て食べられ、地震で簡単に倒壊するような危険な状態にされてしまうでしょう。


被害が大きくなるとシロアリ駆除費用相場はどうなりますか?
被害が大きくなるということは、シロアリの巣が拡大し、建物のいたる所を食害してしまうことを意味します。したがって駆除を行なう範囲が広くなるため、それに伴って駆除費用も高額になることが挙げられます。もし、自分で駆除をしたとしても、完全に駆除しきれなかった場合は再発生することも大いにあります。そうなることを考えると最初から業者に依頼する方が予算的にもお勧めです。駆除業者ごとに料金設定は異なるものの、一般的なシロアリ駆除費用相場は、一坪あたりおよそ5千円から9千円です。被害が拡大した状態で依頼すれば、施工をする坪数が増えると同時に費用も高くなってしまうでしょう。また、場合によっては補強工事やシロアリの再発防止のための工事も行なうので、別途費用が加算されることも考えられます。
駆除の他に掛かる費用はありますか?
駆除剤の使用による駆除作業以外に行なうことは、建物の補強とシロアリ再発抑止のための防蟻剤の塗布です。シロアリに住み着かれると、家を支える木材が食べられてしまい、脆いスカスカの状態にされます。シロアリを駆除しても、このような家の状態を放置するのは危険なので、駆除業者の多くは柱などの補強工事を行なって対処します。柱周囲に補強材を設置するか、柱や木材自体を交換したあとは、防蟻剤と呼ばれるシロアリが近寄りづらくなる薬剤を塗布します。この防蟻剤の塗布により、再びシロアリの被害に見舞われることを防げるでしょう。
シロアリの被害が大きければ、この修繕に掛かる費用も高くなります。シロアリ駆除費用相場だけでなく、修繕のことも考えて早めに駆除を行ないましょう。

まとめ

シロアリ駆除を安くするために自力で行なった場合、駆除をしきれなければ、高い代償を支払うはめになります。自力で完全にシロアリを巣ごと駆除できるという自信がないなら、無理に自分で行なわず専門の業者に依頼するのが賢明といえます。

TOPボタン